CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>


株式会社市川自動車

Facebookページも宣伝

River City

Facebookページも宣伝

Takeshi Ichikawa

バナーを作成

TweetsWind


◆定休日のご案内◆
※赤色が定休日になります。





◆市川自動車HP◆
市川自動車HP

◆株式会社市川自動車◆

〇本社(保管場所のみ)
愛知県愛西市西保町森西4083-1

〇愛西倉庫 
愛知県愛西市西保町城之内11番
・グランファ事業部(社内併設)

〇第二倉庫
愛知県愛西市西保町北川原191番地

〇River City株式会社 
愛知県愛西市佐屋町依田川原39-1

・古物商許可証番号 自動車商
愛知県公安員会
 第542651002700(市川自動車)

愛知県公安員会
 第542651500900(River City)

・TEL
0567-28-2242
・FAX
0567-28-2220

◆市川自動車MAIL◆
市川自動車MAIL

お気軽にお問い合わせ下さい!

こちらからでも購入できます。
マイ・オークションをごらんください

categories

archives

2015年 振り返り

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

昨年も弊社は色々ありました。
事業の見直しや新規事業や社員の教育など今後も課題は山積みです。

特にレンタカー事業とレッカー事業などは躍進したように感じますが、
これも基本的に起点は社長からなので、もう少し社員にも出来ることを増やしていきたいです。

国内販売も終盤は見つめなおし、改善が見られました。
ただ、結局のところ起点は社長であり、社長がやれなければすべてとまる。
という実情は打破できていません。

任せているグランファ事業部などはやはりその人のクオリティになるため、
そこまで目が届かなかったり売り上げも伸び悩んでおり、何か策を練らないといけません。

実務に関しては現場を後半はかなり入ったりして、良い意味で原点にも戻れました。
現場というクオリティだけでも統一化することも目標であります。

ただ、自分の目指す会社の理想とはかけ離れているというのも事実です。
やはり、ほとんどの業務を社長がすべて介入せざるを得ないこと。
そうしないと会社が回らないこと。

社員さんに助けてもらって出来ていることも、もちろんありますが
ほかの会社と比べてみると弊社はまだまだその部分が大きな課題です。

これは経営者目線ですが、社員のコストとの採算性がとてつもなく悪い。
今後は社員教育が大きな課題になると思います。

僕より年齢が低い若手を今後は採用して会社の若返りをしていかないと時代に
ついていけなくなると感じました。

人は若い方が当たり前ですが、のびシロが多いです。修正もききやすい。

人は20代までにある程度、家庭という社会の原点をもとに学校など経て価値観などが
育成されると思います。

うちの社員も見てもそこの基盤の違いが大きくあり、その癖はまず取れないと思います。
その生き方を40年・50年しているわけで数年では取れないし、
下手すると一生取れないと感じています。

その観点からいくと子供への価値観や社会観の教育は親が大きく影響しており、
うちの子供たちにもそのあたりを教えていくこは大きな使命でもあると考えています。

ですが、特に斬新なことではなく、コミュニケーション能力、一手間をかける習慣、
礼儀、常識感など当たり前なことが大事なのですが、
どの家庭でもそれがないがしろにされている実情だと思います。

正月飾りさえのルールなどもうちの社員も知らない人がほとんどです。
または飾らないなど。

これは申し訳ないですが、親の問題と教育の問題だと感じます。

一例をあげれば日本の文化として知っててやれないと、知らなくてやらないは
大きな違いです。そういう意味では僕はまだ35歳という年齢ですが、
親に感謝しているとともに基本的なことはすべて家庭を通して学んだことに気づきました。

ただ、僕の年齢でさえその生きてきた癖を取れなくなりつつありますが、
僕より年齢が上の社員たちをどのようにしていくかは今後の課題でもあり、
その生き方はなかなか変えれないだろうという諦めもあります。

良い結果、悪い結果をだす人にはその仮定になんらかの理由があり、
それを素直にどう対処していくかが大事なのですが、僕はあくまでそこは謙虚に
今後も会社の先導役として厳しく接していきたいと思います。

願うことなら市川という人間がこの会社から消えてもこの会社が回って欲しいですが
まだまだ時間が掛かるという現状の問題です。

ただ、僕という人間という価値を磨くことに関してはいつの時代も変わらずに努力し続けたいと感じています。
「市川に任せたい。」と、言われることがとても好きですからね。

今年も宜しくお願いいたします!

GOO
GOOにも「市川自動車」の在庫車両を掲載中です。


JUGEMテーマ:日記・一般